スポンサードリンク


資産運用は老後の為

資産運用としての不動産投資

資産運用の中でも、良く知られているのは不動産投資かもしれません。

不動産は使い方によってはかなりの利益を得ることができます。

老後の収入の一つとして、不動産を資産運用している人も多くいます。

確かに賃貸物件を運用すれば、毎月家賃収入が見込めます。

しかし中にはリスクを大きく伴う場合もあり、良く考えて実行することが必要です。

スポンサードリンク

今ある資産を利用するのは良いのですが、賃貸物件を立てるために多額な借金をしてしまうと、十分な家賃収入がないと、資金繰りが大変になってしまいます。

賃貸物件は回転率が良いものもありますが、逆の場合もあり得ます。

十分に条件を考慮しながら、不動産の資産運用を行っていきたいものです。

その為にも業者任せにはせず、資産運用に関する勉強や知識が必要です。

「NISA」は日本からのメッセージ

そして、資産運用は一部の資産家がするもので、平均的な生活をする私たちには関係のないものと思われがちですよね。

しかし、平均的な収入を取っている層にこそ必要なのが資産運用なのです。

過去には手厚いと言われていた社会保障に、漠然とした不安を抱いている方は多いのではないでしょうか。

実際に、日本という国の社会保障は少子化が進む中で危機に面しているといえます。

近頃「NISA」というワードを耳にする機会が多くなりましたよね。

それは、国から私たちに「国では将来の保証が難しいから、自分たちで資産を管理して増やしてくださいね」というサインといえるものかもしれません。

難しそうとむやみに敬遠せず、情報を集めて各家庭なりの資産運用を考えなければならない時代になっています。

資産運用は老後の為

将来貰える年金はあてにできないのが今の現状です。

毎月積み立てる定期預金もマイナス金利の影響で、何も期待できません。

そして60歳で定年して、その後必要な資金は、2000万円なんていうことも聞いたことがあります。

なので将来迎える老後の為に、今のうちから自分で資産運用をしておくべきだと私は思います。

その資産運用にオススメなのが、投資信託と株式投資です。

どちらも元本割れというリスクも伴いますが、10年、20年と長く運用していく中で、定期預金よりも大きく資産を増やすことができると思っています。

誰も元本割れして資産を減らしてまでリスクを取りたいとは思いません。

そんな中でよりリスクを少なく投資するのが、分散投資です。

一つの銘柄に何百万もの資金を投資してしまうのはリスクが大きすぎるので、いろいろな銘柄に分散投資し、毎月一定額を積み立てていくのが負担なく始められるのでオススメです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

年金ゼロでも貯金1億円の資産運用術 [ 新邦昭 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/8/12時点)

コメントは受け付けていません。