スポンサードリンク


グーグル翻訳は英語だけではない

グーグル翻訳は便利ですが、文章の解読力が要求される

私は世界中のサイトを閲覧しています。

特に動画サイトは、海外サイト中心に見ています。

その時困るのが、当然日本語ではないことなんです。

日本語訳も、もちろん付いていませんので・・・。

そこでグーグル翻訳の登場です。

スポンサードリンク

WEBの翻訳は色々ありますが、グーグル翻訳が一番使いやすいと思っています。

また無料で使えるのもありがたいですね。

でも翻訳にかけると、単語の日本語訳の羅列になりますから、その言葉を読み、動画を見ながら、このサイトで何を書いているのかを自分で考えないといけません。

短い言葉やタイトルだけではわからない場合が多くあります。

ただこういう場合は、説明文を全部翻訳するとなんとなく感じがわかります。

このグーグル翻訳があることで、海外サイトが飛躍的に面白くなったのは言うまでもありません。

これからもガンガン使わせていただきます!

瓜が2つでMelon two?

またグーグル翻訳では、時々とんでもない翻訳が出てくることもあります(笑)

例えば一時期Twitterで話題になっていたのが、「瓜二つ」が「Melon two」になっていると言うもの。

たしかに瓜が2つだからMelon twoなわけなのですが・・・。。

慣用句などはそもそも海外に概念のない言葉もあり、普通に翻訳するのも難しいものです。

自動翻訳に文句を言っても仕方がないとは思いますが、もう少し翻訳の精度を上げられれば嬉しいですよね。

そんな時は、一度ひらがなで打ってみます。

長い文章になると余計酷いことになりかねませんが、単語なんかだと逆に正確な翻訳が出てくることも。

実際「うりふたつ」と打てば「Spitting image」と出てきます。

これはそっくりと言った類の英語ですね。

意味もバッチリです。

グーグル翻訳を使うときは、何度かいろんなパターンで翻訳をかけてみるといいですよ。

またたまに、変な翻訳を楽しむというのも、もちろんアリです(笑)

グーグル翻訳は英語だけではない

また、英語であればまだなんとかおおまかな内容は理解できますが、しかし「英語圏以外の言語はお手上げ」という人も多いと思います。

そんな時にグーグル翻訳では、英語の他に、

韓国語
フランス語
ドイツ語
アイスランド語

など、その他にもさまざまな国の言語に翻訳することができます。

またブラウザだけでなく、スマートフォンアプリとしても登場しているので、外出先でも使えますね。

ただし、長文を打ち込むととつぎはぎな文章になってしまうので注意が必要です。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

Googleの裏技・便利技 [ 田中真由美 ]
価格:810円(税込、送料無料) (2016/8/12時点)

コメントは受け付けていません。