スポンサードリンク


セディナカードでチケットセディナが利用できる

セディナについて

セディナは、三井住友フィナンシャルグループの会社になります。

クレジットカード事業などを行っています。

東証1部に上場している大きな会社です。

東京都港区港南に本社があり、特徴としては、クレジットカードの不正利用防止特に力を入れています。

その具体例としては、他社に先駆けて、2001年にクレジットカードの不正利用を監視するコンピュータシステムを導入しています。

スポンサードリンク

このコンピュータシステムが不正利用の可能性が高いと判断すると、会社から使用された店舗や、
そのクレジットカードの名義人に電話で確認の連絡行きます。

クレジットカードには、スタンダードのもの以外に、18歳から25歳まで限定のものや、特定の加盟店で利用するとポイントが3倍になるものなど様々な種類のものが用意されています。

たまたま持つ事になった

昔、大東建託の賃貸住宅に住む事になり、家賃を払うために、ケンタクカードというカードを作らないといけないと言われ、クレジットカードを作る事になりました。

このケンタクカードはセディナのカードの一種になっているのですが、大東建託の物件に住むことが無ければ、セディナのカード持つことはなかったと思います。

そして始めのうちは、家賃だけカードで払っていました。

しかし、家賃だけでも1年で100万円以上は払いますので、ポイントはかなり貯まり、ポイント交換で1万円分の図書券に換えるなどしていました。

しかし、8月末で残っているポイントを全て償却されてしまうので、知らなかった時は損した気分になりましたね。

その後ポイントの事をいろいろ知り、これは使った方がいいなと思い、ガソリンや大きい買い物はカードで使い始めました。

ポイントも一年間で結構貯まるので、年会費も無駄ではなかったです。

セディナカードでチケットセディナが利用できる

そしてセディナカードを持っていると、チケットセディナというサービスを利用することが出来ます。

なかなか一般販売では手に入らないミュージカルのチケットや舞台のチケットが、比較的手に入りやすいのが特徴です。

さらに一般のカードよりもランクが上のセディナゴールドカードを持っていると、セディナゴールドカード会員だけのチケット先行販売サービス枠もあるので、さらにチケットが手に入りやすく、また良席を手に入れられる確率もグンと上がります。

手数料(ほぼチケットの送料分くらいです)は多少かかりますが、ほかのチケットサイトの手数料よりも格段に安いのでおすすめです。

またゴールド会員向けのチケット割引で販売される公演もあるので、チェックして逃さないようにしています。

コメントは受け付けていません。