スポンサードリンク


カードローンでは自分なりのルールを作る

冷蔵庫が壊れてカードローンを真剣に考える

結婚をする時、「我が家はなんでも現金払いでいこうね」と決めたんですが、それはあまり現実的ではないということを最近実感しています。

お金が足りなくなるけれど、今買っておかなければならない物って出てくるんですよね。

裕福ではない生活で子供がいるとカツカツなのに、冷蔵庫が壊れたりしてショックですよ。

買わなきゃいけないけど、そんな大金一気に出せません。

スポンサードリンク

そんな時は、カードローンの申し込みをしておいたほうがよかったなと思います。

現金払いが一番安心と考えていましたが、そんなに世の中うまくいかないんですよね。

カードローンを上手に使えば、そこまで苦しくない支払いで冷蔵庫が買えますからね。

要するに使いようですよね。

使い方を考えれば、カードローンを利用するのだってありだろうと、冷蔵庫に悩む今心底思います。

出先での緊急対応には便利

また銀行がしまってしまった跡や、休日であるような場合で、かつ緊急にお金が必要な場合には、カードローンが役立ちます。

地方で銀行も少ないような場所に出張した時などは、とにかくコンビニでカードローンするのが便利です。

もちろん、数日後にはきちんと早めに返済しておくことが大切です。

数日でしたら手数料も負担になりませんので、とにかく1日も早く入金しておくことがおすすめです。

緊急時にのみ活用することが原則であり、長期にわたり使用することは不要な金利だけがかさむだけで、きついだけですので(笑)

突発的なことで利用するのは止むを得ないですが、無理のない使用こそが重要なことだと思います。

もちろんカードローンといいましても、内容はまちまちなので、ある程度事前に確認しておく必要があります。

自分なりのルールを作る

先ほどの我が家の冷蔵庫の例ではないですが、

「今しか買えないのに少しお金が足りない… 」
「支払いがあるけど今月は厳しい…」

というような状況はやっぱり出てきますよね。

カードローンに関して、お金を借りることに抵抗感があったり、返済に苦労するのではというような不安があるかもしれません。

結論から言えば、確かにお金を借りないことが一番です。

ただ、うまくカードローンを利用すれば、無理をすることも減るのではないかと思います。

なので借りる際には、自分なりのルールを作ることが大事でしょう。

例えば、「借りるのは、婚葬祭の時のだけにする」ですとか、「1週間以内に返せる場合のみ借りる」などですね。

緊急時でもカードローンを使わないのは自分に非があることでお金が必要になった時です。

ルールはちゃんと作っておかないと痛い目にありますので、気をつけて使いましょうね。

コメントは受け付けていません。