スポンサードリンク


nanacoで税金も払える

nanacoポイントを貯めて買い物に使っている

私がnanacoカードを発行してもらったのは、以前住んでいた家の近くにあったセブンイレブンでした。

お店の方が説明してくれたのですが、その時は半分くらいしか理解していなくて、家に帰ってからネットで調べました。

ちょうどキャンペーン中だったのか、発行手数料の分はポイントとして付いたような記憶があります。

カードにお金をチャージしてから支払いをすれば、100円で1ポイントが貯まるという仕組みを理解してからは、よく行くイトーヨーカドーでの買い物にも使うようになりました。

スポンサードリンク

500ポイントくらい貯まったら、電子マネーに変えてお買い物に使っています。

イトーヨーカドーには週一くらいで食料品の買い物に行ってましたし、ポイント2倍デーの日もあって、ポイントも貯まりやすかったですね。

nanacoで税金も払える

今やコンビニなどで使える電子マネーは、小銭要らずで会計も早く、おまけにポイントも貯まるので、皆さんお持ちでしょう。

しかし、あちこちの会社が参入し、何枚も待つのはそれこそ不便です。

では、何処の電子マネーカードを持つのがお得かと考えた時、nanacoはとてもお得だと思います。

コンビニで支払いのできる、税金は自動車税・国民健康保険・固定資産税など様々あります。

そしてそれらは、勿論電子マネーでの支払いも可能ですが、通常ポイントは付きません。

しかし、ある数種類のカードからnanacoのチャージした場合、カード使用に対するポイントは付くのです。

同じ支払いでポイントが付くのと付かないのでは大違いですよね。

特に税金関係は金額が多いので、結構な額のポイント還元になります。

サラリーマンの方はお給料から引かれる事がほとんどでしょうが、もしnanacoをお持ちの方にはお勧めです。

もっと早くに作れば良かった

そもそも私は、カードは使いすぎてしまうので、あまり作りたくないと思っていました。

しかし、周りの人たちが、nanacoは便利だから持った方が良いと何度も言われましたが、なんとなく作るきっかけが無く、そのままでいました。

しかし、同じ時期に交通系カードのSuicaを作る機会があり、利用してみると、いちいち小銭を用意しなくて便利なので、一気にnanacoが欲しくなりました。

しかし、ケチ根性が出てしまい、カードを作るのにお金が必要なことが分かり、どうしようかと思っていた矢先、セブンイレブンでキャンペーンをやっていたので、その勢いで作ってみたんです。

今では、「もっと早くに作れば良かった」と思っていますね。

コメントは受け付けていません。