スポンサードリンク


レターパックで気をつけておきたいところ

賢いレターパックの使い方

レターパックは、日本郵便が提供しているサービスのひとつです。

レターパックには2種類あります。

レターパックライトとレターパックプラスです。

ちなみに以前はレターパック500とレターパック350という2種類がありましたが、郵便料金の改定のため、レターパックプラスとレターパックライトに名称変更されました。

スポンサードリンク

レターパックライトはA4サイズで、厚さ3センチ重さ4キロ以内であれば、日本全国どこでも一律360円で送ることが出来ます。

普通郵便と違うのは追跡サービスがあるところです。

レターパックプラスはA4サイズで、4キロ以内であれば日本全国一律510円で送ることが出来ます。

対面で渡し、受取印をもらいますので確実に届けることが出来ます。

主な利用方法としては、大事な書類、各種証明書、航空券などのチケット類、請求書なども入れることが出来ます。

またDVDやCD類なども同封することが出来ます。

レターパックで気をつけておきたいところ

レターパックを利用する上で注意していただきたいのは、内容物の重さは4kgまでで、内容物を入れてから、あらかじめ貼ってある両面テープで封をして、追跡番号の書いたシールをはがしてから、ポストに投函か郵便局に差し出します。

持参したレターパックが通る投函口だと、ポストに投函できます。

重たい場合や、投函口に通らない場合、郵便局の窓口に差し出してください。

レターパックで現金や貴重品等の貴重品、また香水や毒劇物、爆発物は送れませんが、信書の類は送れます。

内容物が破損しても保証されませんので、壊れやすい物やこわれもの、また生ものや生き物は遠慮してくださいとなっています。

また宛先と差出人を、パソコンとプリンターを使ってシール作成することもできます。

使い勝手がよい

そして私は、レターパックをよく使っています。

というのも私はネットオークションや、フリマアプリなどでよく物を売っているのですが、その際に品物を相手に発送するときによく使います。

レターパックにはレターパックプラスとレターパックライトがありますが、私がよく使うのはレターパックプラスの方です。

レターパックライトは360円で物を送れるのですが、同じくらいのサイズでクリックポストというサービスがあり、そちらは164円で全国どこでも送れるので、私は小さいサイズの時はそちらを使うようにしています。

レターパックプラスはもう少し大きいものを送る時に便利です。

シャツやズボンなどはだいたいこれで入るので、これを使い送っています。

コメントは受け付けていません。