スポンサードリンク


東大生はレゴブロックで遊んでいた人が多い

娘が大好きなレゴブロック

我の娘は、ここ1年ほどはずっとレゴブロックにはまっています。

当初、我が家にレゴブロックはありませんでしたが、いつもお世話になっている小児科に、レゴブロックがたくさん置いてあったんですね。

娘はいつもそのブロックを出して遊んでいました。

アンパンマンがついているので、余計に興味が湧くんだと思います。

そしておもちゃ屋でかなりせがまれたので、買ってあげました。

スポンサードリンク

最初はディズニーのプリンセスシリーズを購入していたのですが、ここ最近はレゴフレンズという、女の子のキャラクターのレゴが好きなようです。

私も子供のころ同じようなブロック遊びをしましたが、とにかく今のレゴブロックはパーツが小さくて細かい!

最初は驚きましたが、娘は最初からそういうものだと思っているので、全く違和感はないようです。

逆にその「小さいけどリアルなパーツ(犬のえさの骨や、お手紙など)」がツボなようで、一生懸命組み立ててごっこ遊びをしています。

あと数年は誕生日プレゼントもクリスマスプレゼントもレゴブロックかな?と思っています。

レゴをするメリット

そんなレゴブロックは、デンマークで生まれたそうです。

福祉や教育に力をいれている印象が強い北欧ですが、このブロック型おもちゃもただのおもちゃではなさそうですよね。

さすがデンマークです。

私は小さいころ、両親にレゴで遊ばせてもらっていました。

価格は普通ののおもちゃより少しばかり高めだと思いますが、「真に子どものためになるおもちゃ」であるから遊ばせたそうです。

そのおかげか、私は空間認識や造形力などが必要とされる建築を学んだことがありますが、も元をたどれば、レゴから興味を持ったかもしれません。

テレビゲームやスマートフォンもいいですが、実際に手に触ってモノを作り上げる経験は、子どもたちのためになりますよね。

東大生はレゴブロックで遊んでいた人が多い

そして先日テレビを見ていたところ、東大生がやっていたこと、というテーマの番組があって、
実際に東大に通っている学生が、子供の頃に家でどういう教育を受けてきたか、どういう取り組みをしてきたかということをいろいろ紹介していました。

その中で、一般の学生がだいたい30%程度だったのに対し、なんと60%近くの東大生が「子供の頃はレゴブロックで遊んでいた」というのです!

確かにレゴブロックで手を動かし、頭でもいろいろと考えて作品を作っていくというのは、脳の発育にとってもかなり良いんじゃないかなと思います。

私の子供もレゴブロックで遊んでいますが、東大に行ってとまでは思いませんが、レゴで遊ぶことで少しでも良い影響があればいいな~と思います。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

レゴブロックの世界 全面改訂版 [ ダニエルリプコーウィッツ ]
価格:3888円(税込、送料無料) (2016/8/9時点)

コメントは受け付けていません。