スポンサードリンク


FXは稼ぐ人と損をする人がいる

そもそもFXとは?

それではまず、そもそもFXとは何なのかということなのですが、FXとは、外国為替証拠金取引のことです。

もう少し分かりやすく言いますと、日本や外国の通貨を売買して、利益を上げていこうという取引のことなんですね。

そしてFXと言えばば、レバレッジです。

レバレッジというのは、実際にいまあるお金の数倍、場合によっては数十倍以上の取引ができることで、

例えば、手元に10万円あったとして、レバレッジ5倍の取引を行えば、50万円分のと取引ができるということです。

スポンサードリンク

レバレッジ10倍であれば、100万円分の取引ができます。

これをうまく使うことで、元金が少ないところから大きく稼ぐという人が出てくるわけなんですね。

FXで大きく稼ぐ人の話をたまに聞く

「FXで大金を稼いだ」という話しはたまに聞きますよね。

というより、FXで大金を稼いだのに納税しなかったといういわゆる脱税のニュースの方が取り上げられることが多いです。

例えば、89歳の男性が、FXでたった2年間の間に約10億円を稼いだのに申告しなかったというニュースが大きな話題となりました。

また、2007年には主にFXで約4億円稼いだのにもかかわらず、1.3億円を脱税したとして、主婦を国税局が告発したというニュースもありましたよね。

このようなニュースを聞いて、FXに興味を持った人はかなり多く出てきたでしょうね。

私自身も

「FXって、そんなに稼げるの?」

とびっくりした記憶があります。

ちなみに大きく稼ぐ人は、おそらく先ほどお話したレバレッジを有効活用しているでしょうね。

ただ損をしている人は言わないので注意

ただ、そんな景気のよい話しを聞いたからと言って、

「自分もFXで稼げるようになるだろう、早速やってみよう!」

とスタートしてまうのは、危ないでしょう。

というのは、FXは投資ですので、当然稼ぐ人もいれば、残念ながら損をしてしまう人もいるわけなのです。

冷静に考えれば、正直FXで稼いでいる人より、損をしている人の方が多そうな気がしますよね。

そして、株などでもそうですが、投資をやっている人で、

「これくらい稼いだぞ!」

という稼いだ自慢をする人はいても、

「こんなに損したんだぞ!」

という損をした自慢をする人はまずいませんので(笑)

投資には、そういう側面もあることをしっかり理解した上で、スタートしなければなりませんね。

FX会社の熾烈な顧客獲得競争

そして、FX会社は今、熾烈な顧客獲得競争を行っているのでしょう。

というのはCMを見ていると分かりますよね。

各社、有名芸能人をCMキャラクターに起用しています。

パッと出てくるところですと、

DMM.com証券:ローラさん
外為オンライン:元AKB48の大島優子さん
外為どっとコム:深田恭子さん
GMOクリック証券:新垣結衣さん

など、まあすごいです。

そのくらい、FX会社にとっては
顧客獲得が重要だということですよね。

コメントは受け付けていません。