スポンサードリンク


高速料金1,000円を復活してほしい

少しの工夫で高速料金は節約できる

ドライブで速く遠くまで行けるのが高速道路ですが、気になるのが高速料金です。

ETCをうまく使うことによって、高速料金は節約することができます。

「ETCマイレージサービス」に登録すれば、走った距離に応じてポイントがもらえ、一定ポイント貯まると高速料金に充当することができます。

たくさん高速道路を走る人は、入っておいて損はないサービスです。

スポンサードリンク

また、高速道路を走る時間帯によっても割引率が変わります。

「休日割引」はもちろん、「深夜割引」や「平日朝夕割引」など、少し時間をずらすことによってお得に高速道路を利用できます。

高速道路によっては、WEBサイトから事前登録することによって、期間限定で「周遊サービス」や「乗り放題サービス」を利用することができます。

車で旅行に行く場合は、このようなサービスがないかを確認し事前登録するだけで、旅行先で高速料金を気にせず、旅行を楽しむことができます。

知ってるか、知らないかで高速料金は大きく変わってきます。

高速料金1,000円を復活してほしい

そして個人的には、以前行っていた、土日祝日は高速料金一律1,000円をまた実施してほしいです。

あの頃は一部を除いて、一律料金だったので色々な所に旅行に行きまくりました。

現状は高速料金も考えながら旅行先を決めているので、遠すぎると高速料金が高いということでやめになってしまうことが多々あります。

こういった考えの人は周りにも多いため、また一律にした方が旅行者が増え、旅行先でお金を使う人も増えるので景気が良くなるのではないかと思います。

いうも無駄使いをしない人たちでも、旅行だからと言い、金額を気にせず使う人は結構います。

なかなか難しいことなのかもしれませんが、こういったことからも高速料金一律1,000円を復活させてもらいたいです。

学生時代の思い出

お金の無かった学生時代はなんとか安く旅行に行こうと頑張っていました。

基本的に車の運転は好きなので、大人数の旅行だと車の方が安くつくのもあり、長距離の旅行でも車で行くことが多く、さらに高速料金を節約しようと、料金の安い夜中に走れるように深夜に集合して出発したり、行けるだけ下道を走ってから高速道路に乗るようにしたりしていました。

今思うと夜中に眠らずに一晩中走ったり、下道で長距離を走ったりしてから旅行先では1日中思い切り遊んで、というなかなかハードな旅行でしたが若い頃だからできたことだと懐かしく思います。

今はもちろん車で遠出するには、迷わず高速道路を使いますので(笑)

コメントは受け付けていません。