スポンサードリンク


生活保護を受けるための厳しい審査

日本は生活保護に関しての意見が厳しすぎるかも

生活保護に関して、日本人の意識は厳しすぎるという意見は常にありますよね。

福祉がしっかりとした国では、ものすごく貧困という家庭でなくても、子供が2、3人いるという理由で国から手当てが出たりすることもあります。

なので、生活保護を受けているから、車に乗ってはいけないとか、エアコンを使ってはいけないというのは、ちょっと厳しいかもしれないですね。

手当をどう使うかはその方次第だと思います。

スポンサードリンク

もちろん、生活保護を食費や光熱費に使うのがベストだとは思いますが、やはり、国からの生活保護をどのように使うかに、個人の自由もあるという考えも、もちろんあります。

生活保護を受けるための厳しい審査

そして現在は、生活保護を受ける世帯が増加をしているそうです。

幼い子供を抱えたシングルマザーや、国民年金だけでは生活できない高齢者が中心的な受給者だそうですが、近年は30代や40代の世代でも、生活保護の受給を申請する人が増えているそうです。

大学を卒業してから一度も正社員として働いたことがなく、低い給料で身分が不安定な非正規雇用でしか働いたことがない人が増加しているためです。

生きていくことが困難となってしまえば、行政に頼ることもひとつですが、しかし申請をすれば必ず生活保護を受けることができる、というわけではありません。

かなり厳しい審査があります。

申請をした世帯だけではなく、親族のことまでチェックされることもあります。

車を所有していたらダメ、預貯金が一定以上あってもダメ、とかなり厳しいです。

また申請をするために役所に足を運んでも、まずは就業をすることを薦められます。

就業や支援をしてくれる人が本当にいないのか、という話をすることが多く、思い切った決断をして役所に足を運んでも、その気持ちをくみ取ることはしてくれません。

受け取る前の道はものすごく険しいようですね。

もらうべき人がもらうもの

生活保護は社会が成り立っている上で必要な制度だとは思いますが、もらわなくていい人がたくさんいるのではないかと、いう意見もまた多いですね。

毎年ニュースで何件も不正受給の報道をしていますし、もらいやすい地域ともらいにくい場所があるというのも、少し変な話ではないかと思います。

以前聞いた話では、家の中でご飯が食べたいという書き置きを残したまま餓死していたという人がいたというニュースもあったらしいです。

こういう人たちが本来はもらうべきなんですが、必要ない人たちももらっているという現状もあるようです。

必要ない人がもらい続けると、生活保護をもらう基準も引き上げられ、もらわないとまずいという人がもらえなくなってしまいますので、その辺りは正してほしいですね。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

生活保護 [ 今野晴貴 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2016/8/9時点)

コメントは受け付けていません。