スポンサードリンク


イギリス離脱に始まった円相場の乱高下はいつまで続く?

最近の円相場

最近の円相場は乱高下が激しくて、 もし最近FXなんかを始めた人がいたら、かなり難しいと思います。

というより、ベテランでも難しいかと思います。

私も、かなり苦労しました。

2日で5円以上動く事も頻繁に起こっていますし、普段そういう事を気にしていない人にとっては分からないかもわかりませんが、そういう変動は結構すごいです。

スポンサードリンク

この先、アメリカの大統領選挙やアメリカの金利動向など、円相場に影響するイベントも多いですが、これ以上荒い動きにはなってほしくないものです。

よく円相場では、「夏は円高になりやすい」と言われてますが。今年に関してはまだ分かりませんね。

キリのいい数字を突破したら今度は逆張りを考える

そして円相場は取引量も多いですから、それによる典型的なパターンというものが発生することもあります。

ネックラインを完全に下回った後の値動きなどは典型的で、その後は一方通行の値動きになりがちですが、瞬間的な値動き、特にストップロス後のリバウンドでも積極的に利益を狙うことも可能です。

特に100円や105円といった、キリのよい数字付近には注文が集中しており、そういったラインを突破するとストップロスが発動し、さらに大きく値動きが加速していきます。

ただしひとしきり値動きが収まると、利益確定や新しい注文が入って今度は逆方向へ、つまり元通りに戻ろうとする値動きが必ず発生しますから、その値動きを積極的に狙っていくことで、資産を増やしていくことが可能となるのです。

ただもちろん相場は生き物で、決まった通りの動きをしないこともあるので、自分が耐えられる損失をあらかじめ設定して、損切り注文を入れておくことは何よりも重要です。

イギリス離脱に始まった乱高下はいつまで続く?

そしてイギリス離脱で始まった大幅な円高ですが、いつになったら円相場は安定するのでしょうか?

もともと国民投票でイギリスは離脱しないとされていたのが、離脱派の方が投票が上回ったために、円相場が乱高下する原因になったと思います。

その時のドル円は5円以上、ポンド円はなんと30円ほど変動しました。

大半の人がイギリス離脱しないと思っていたので大変動したのですが、その後落ち着いても、円相場の変動幅は凄いです。

なかなか安定しない円相場なんですが、ヘッジファンドが円に目をつけているからというのもあると思います。

乱高下の激しい円相場は、早く終わってほしいものですね。

穏やかな相場の方は、精神的にも穏やかにすごせますからね(笑)

・・・投資はほどほどにしましょうね。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ニュースと円相場で学ぶ経済学 [ 吉本佳生 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2016/8/4時点)

コメントは受け付けていません。