スポンサードリンク


学資保険は親の気持ち

学資保険はいろんなところで売られている

銀行の窓口で学資保険を勧められたことありませんか?

元々銀行は、住宅ローンを組んだお客様に火災保険を販売する保険代理店としての側面を持っていましたが、最近では学資保険など、その他の保険の商品まで取り扱っています。

ではなぜ銀行が学資保険を販売するのか?

スポンサードリンク

手数料収入が欲しいことは勿論ですが、それ以上に銀行員にとって学資保険が売りやすい商品だからです。

貯蓄性のある学資保険は、いわば貯金みたいなものですし、長く契約を続けてさえいればお客様に損をさせることはありません。

且つ、小さなお子さんがいる若い世帯、あるいはお孫さんが生まれた高齢の世帯にも興味を持ってもらえる商品なので、加入してもらえる確率が高いのです。

今度銀行の窓口に行ったら、どこの生命保険のパンフレットが置いてあるか注目してみてください。

私は以前国内系のとある保険会社に勤務していて、生命保険を販売する前に行う商品の研修の講師を務めていました。

その時はアフラックが返戻率も高くて人気でしたが、今はどうなんでしょうね?

複数の銀行を巡ると、どの銀行がどの保険会社と提携していて、どんな商品を販売しているのかという勢力図が見えてくるので面白いですよ。

貯金が苦手なら学資保険

そして我が家でも子供ができた時、「夫婦揃って貯金が苦手だから、学資保険に入ろう」と相談して入りましたが、あの時そういう選択をしてよかったと今は本当に思います。

赤ちゃんのうちは貯金できるだろうと考えていましたが、なんだかんだで出費は増えますね。

服だの靴だの買っていたら意外とお金は貯まりません。

けっこうベビーグッズは高いんですよね・・・。

そして貯金は増えたり減ったりして、「この調子で今後は大丈夫なのか」と心配になったりしますので、
学資保険に入っている安心感がありますね。

なので、貯金が苦手な人は学資保険に入っておくのが一番です。

ちなみみ私の友人も、

「貯金が苦手でいつもお金ないんだけど。どうしよう・・・」

が口癖だったので、学資保険をオススメしましたよ。

学資保険は親の気持ち

そして私には二人の子供がいるので、学資保険は加入しているのですが、二人とも違う学資保険に入っています。

上の子のほうの学資保険は返戻率が103%だったかな?

うる覚えですが返戻率だけでそこの保険を選びました。

その保険は小学校、中学校、高校、大学入学の時に祝い金としてもらえるのですが、小学校、中学校、高校で祝い金を貰わなかったら、後の大学入学時の祝い金が増えるという感じです。

下の子の学資保険は、大人の付き合いなどあるのでそちらのほうに決めました。

その保険は。大学入学時に祝い金を一括で貰うか、大学1年毎に祝い金貰うか、どっちか決められる保険でした。

しかし、これだけでは大学に通わせれないので教育ローンは組まないといけないでしょうね。

・・・がんばります!

コメントは受け付けていません。