スポンサードリンク


海外旅行保険に加入していて本当に良かった

安心して海外旅行を楽しむために

海外旅行では慣れない環境や食べ物で、体調を崩してしまう可能性があります。

具合が悪くなって医療機関を受診しても、当然ながら日本の健康保険は適用になりません。

その為実費を払わなければなりませんが、それではかなり医療費が高くついてしまいます。

なので安心して海外旅行を楽しむためにも、旅行に行く前に海外旅行保険に加入するほうが良いでしょう。

スポンサードリンク

病気やけがはいつ何時起こるか予想ができないものです。

海外旅行保険に入っておけば、備えあれば憂いなしです。

海外では重宝

そして私は、家庭の事情で海外にいることが多かったので、海外旅行保険、正確には海外旅行傷害保険にはかなり前から入っています。

海外で外国人がいくような病院はとても綺麗ですが、費用がかさむので、いざといいう時に備えて家族全員入っています。

各種保険会社で販売されていますが、1年契約でフルセットだとかなり高額になるので、なるべく経費節約のため、私の場合には、子供には死亡後遺症については掛けず、治療費メインでかけています。

今後も必要経費として、海外旅行保険には加入し続ける予定です。

親切な代理店で入ると、毎年更新の連絡をくれて助かります。

加入していて本当に良かった

そして加入していてよかった例ですが、2年前のクリスマス時期、貯金を崩し、一念発起して家族4人でアメリカ旅行に!

当時、長男の学校ではインフルエンザが流行し始めた頃でしたが、なんとか出発できて一安心。

と思っていたのに、訪ねた友人の住んでいるオレゴン州ユージーンに到着したその夜、ホテルで長男が発熱してしまいました。

疲れのせいでありますように、との願いもむなしく、友人の協力を得て現地の病院で検査すると、やはりインフルエンザ陽性。

アメリカでは、薬は病院ではもらえず、処方箋を書いて貰って薬局で購入します。

日本のように健康保険などが適用されるわけではないので、治療費も薬代も全て自己負担になります。

日本では気軽に、というか当たり前のように処方されて購入する「タミフル」も、3万円程の高額になります。

医者にも薬局の人にも、「高額だけど払えるの?」と聞かれましたが、家族全員、海外旅行保険に入っていたので、
安心して「保険に入ってるから最良の治療をしてくれ」とお願いすることができました。

病院の治療費は、保険会社と提携している病院だったらしく、窓口での現金支払いは一切なしで薬の料金のみ。

そして薬局で、クレジットカードで購入しました。

その後ニューヨークに移動するも、なんと残りの家族が次々と発症。(狭いホテル室内にいるので当たり前ですね)

ニューヨークでも受診・検査し、残りの家族3人共、見事にインフルエンザ陽性。

同じように、病院治療費は発生せず、薬局でのタミフル代金のみクレジットカード決済。

結局タミフル4人分で10万円位かかりましたが、帰国後、保険会社に必要書類を提出することにより、全額返ってきました!

もし保険に入っていなかったら、と思うとゾッとします。

病院の診療代で、家族4人分、どれくらいかかっていたのかわかりませんが、合わせると相当な金額になっていたでしょう。

怪我や病気は滅多にないと過信してはいけないですね。

海外旅行保険は加入するべきだと、強く思います!

コメントは受け付けていません。