スポンサードリンク


自動車税はただ払うだけではない

普通車と軽自動車の自動車税はかなり違う

我が家では数年前に1台、普通車から軽自動車に買い換えました。

そして、毎年5月に納める自動車税の料金が全く違うのが驚きでした。

普通車でも小型車だと、軽自動車とあまり大きさは変わらないような気がします。

れでも自動車税はかなり安くなります。

確かに軽自動車の方が全てにおいて安いような気がします。

スポンサードリンク

安全性を考えると疑問点はありますが、維持費だけを考えたら軽自動車の方が家計には優しい乗り物でしょう。

自動車税の見直しが行われ、軽自動車税も少し税金が上がったようです。

自動車の維持費はかなりかかってしまうので、税金は仕方がないとしても、他の自動車保険などはやはり安いものを選んでいこうと思っています。

また、自動車税はクレジットカードでも支払いができるので便利ですね。

車の維持に必要な税金の一つ

そんな毎年5月ごろにやってくる自動車税は、都道府県の収める税金ですね。

自家用車の場合排気量によって税金は変わり、軽自動車でも29,500円、2L以下で39,500円、6L以上は111,000円と決してお安くないですね。

地域によっては車が必須で、一人1台車を持っていたりすると、一軒で納める自動車税は10万円以上と言うのもざらにある事でしょう。

では自動車税はどんなふうに使われているかと言うと、自動車税は普通税なので特に使い道は決まっておらず、都道府県の財政収入の大きな柱の一つとなり、行政サービスなど色々なことに使われているのです。

車検の時にかかる自動車重量税が、道路整備に使われるのと違い、自動車と特に関係ない所に使われていると言う事で、ちょっと複雑な気もしますね・・・。

自動車税はただ払うだけではない

そして自動車税を払うときに、私が使っているちょっとお得な裏ワザがあります。

それはセブンイレブンなどで使えるnanacoカードを利用するという方法です。

普通に自動車税を払うのではなく、一度nanacoカードに自動車税分の金額をチャージし、それを使って支払いをするのです。

nanacoカードは電子マネーでありながら、税金の支払いにも活用できます。

こうすることで、しっかりと税金は払いながらnanacoカードにポイントを貯めることができるのです。

そしてその貯めたポイントを、提携のガソリンスタンドで利用することもできます。

自動車税で貯めたポイントを、自動車のために活用できるこのシステムを、私はもっと多くの人に知ってほしいと思っています。

こういうポイントの積み重ねがバカになりませんからね(笑)

コメントは受け付けていません。