スポンサードリンク


なくてはならない雨雲レーダー

雨雲の動きがわかる雨雲レーダー

私は運動不足解消のために、比較的毎日ジョギングをしているのですが、ジョギングをするときの天候を調べるのに、雨雲レーダーは大変役立っています。

雨雲レーダーでは日本中の降水量が一目瞭然で分かるだけでなく、今後の雨雲の動きまで予測できるので、外出する際は必ず確認して傘が必要かどうかや、洗濯物を干しておいて大丈夫かなどをチェックすることが出来ます。

スポンサードリンク

近年は昔に比べて、いわゆるスコールのような集中豪雨が随分と増えてきたと感じています。

そのために、雨雲レーダーで天候を確認することはとても重要で、集中豪雨が降りそうなときは外出を控えるようにして、洪水や土砂崩れなどの災害に巻き込まれないようにすることが大切だと思います。

10分ごとの雨雲の動きを見られて便利

近年になって局地的な豪雨が多くなっている傾向にあるので、その様な大気の不安定と思われる日に雨雲レーダーは大活躍してくれます。

細かい地図上に10分ごとの雨雲の動きを予想してくれて、また地図上で指定した地域での、これから予想される短時間毎の雨量も調べることが出来て非常に便利です。

また多く活用するのが、車でドライブに出掛けた時などです。

突然の豪雨で大渋滞に巻き込まれたり、場合によっては通行が出来なくなる事もあるので、あらかじめ雨雲レーダーで確認しておけば、迂回することが出来ます。

なくてはならない雨雲レーダー

そんな雨雲レーダーは、なんだかんだで1日に一度は見ると言っても過言ではないほど、よく利用しています。

スマートフォンの通知設定で、住んでいる地域に雨雲が近づくとお知らせがくるようになっているので、
お知らせが来ると気になってレーダーを見るようになりました。

特にこの夏は、朝晴れていても夕方ごろから雨が降るという天気が多い感じがしますね。

職場でもよくレーダーを見ますが、雨が降りそうだから早く帰ろうとか、同僚と色々話をすることもあります。

一時間ごとの天気を見るよりも、その時その場所の天気を知るにはとても便利だと思います。

天候によって行動が変わる

毎日の生活の中で天候によって、行動が左右されることがいろいろありますよね。

雨が降りそうで降らない時は一番ややこしくて悩まされます。

そんな時も、私は雨雲レーダーをよく利用しています。

今現在雨が降っているか、これから雨が降りそうかなどが、レーダーの画像から読み取ることができるからです。

また外出中も、もうすぐゲリラ豪雨がやって来そうなので、予め建物内に避難しておくなど、危険を予測するのにも役立ちます。

最近では、スマートフォンのアプリも充実しているので、使い勝手も良く、手軽にチェックできるので便利ですね。

※雨雲レーダーに関する書籍は、下記楽天市場から購入できます。

コメントは受け付けていません。